線路の上で明るく光るシルエット

避妊薬のいろいろ

藁に囲まれたカラフルな卵

通販で買える避妊薬には、いろいろな種類があります。まず低用量ピルとアフターピルという事前か事後という使用するタイミングが、全く違う種類に分けられるのです。

低用量ピルを毎日なるべく同じ時間に飲むことで、体内のホルモン量を一定に保ち、妊娠時に似た体内の状況を作り出します。それによって、排卵の抑制や受精卵着床阻害作用、子宮頸管の粘液変化を起こして精子が子宮内へ侵入しにくい状態にするのです。

アフターピルはセックスを終えた後に使える避妊薬で、72時間以内に飲むことで高い効果を得られます。服用することで、多量の女性ホルモン分泌された状態になるのです。

そして、体内への成分の吸収が終わればホルモンの分泌終了と判断します。これが生理を引き起こすサインとなって、強制的に受精卵の着床を邪魔する働きがあるのです。

それぞれの避妊薬の働きを知って普段から低用量ピルを飲んでいるから、アフターピルは必要ないと思っている人もいるかもしれません。

しかし飲み忘れによって、避妊に失敗して病院でアフターピルを処方してもらったり、大丈夫だろうと過信して望んでいない妊娠をしてしまう人もいるのです。

こうした事例もあることから、低用量ピルを服用している人も万が一のときの為に、避妊を成功させる最終手段としてアフターピルを持っておくと避妊の成功率を高めることができるでしょう。

ピル通販で買える避妊薬の種類は、さまざまです。例えば低用量ピルでいうと、日本の産婦人科やクリニックで多く処方されるトリキュラーや副作用を起こしにくくした新しいタイプのヤーズ、日本で唯一のアフターピルとして処方されるノルレボやそのジェネリック品であるアイピルなどがあります。

高い避妊効果を得るためにも、自分自身に合う使いやすいピルをそれぞれ選ぶことが大切なのです。